若先生のブログ

2018年7月 2日 月曜日

トライアスロン開幕!

 今年も7月1日に行われた伊勢志摩トライアスロンに出場してきました~ ! 
 今年は1月にケガをしてしまい、満足なとレーニンが出来ていませんでしたが、何とか完走できました。

 スイム(1.5㌔)は砂浜をスタートし沖に浮いているブイを2周回るコースです。
 泳いでいる途中何度かぶつかり水中眼鏡がずれたり、バタ足が鼻に当たったりする接触はありましたが、自分の持ってる実力は出し切れたと思います。


 次の自転車(40㌔)は1周20キロの2周回コースです。
 海岸線のアップダウンの有るコースで、登ったと思ったら下って、また登りの繰り返しで、心拍数が上がったり筋力を消耗するコースでした。
 30キロまでは時速32キロペースで快調に飛ばせていましたが、残り10キロの地点で急激にスタミナ切れ...。


 最後のラン(10㌔)に差し掛かってもスタミナはなぜか戻らず、歩かないでいるのがやっとでした。
 やっぱり練習不足は後半に突然現れますね~!
 途中まではとても良いペースだったんですけどね~。


 結果的には、過去5回同じ大会に出ていますが、ワースト記録でした~涙

 ただ、ケガが癒えてきた実感と完走出来た充実感で、不思議と気分は爽快でした~!

 何よりもスポーツが出来ることに感謝ですね~



清須市の鍼灸院で働く若先生より
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 清洲鍼灸治療院 | 記事URL

2018年7月 1日 日曜日

健康ニュース200号達成!

 おかげさまで当院が発行している院内新聞「健康ニュース」も平成13年に創刊し「200号」を迎えることが出来ました~。
 これもひとえに読んでいただいた方からの感想、励まし、お声掛けの賜物と感じています~。
 毎号表紙には最近行われたイベントや清須市周辺の四季折々の写真、僕たち自身が行った観光地などの写真を掲載させていただきました。
 その下には最近話題の事、流行っていることに対するコラムなどを書かせていただきました。
 見開きページには「特集」として色々な病症を東洋医学の視点から解説させていただきました。
 掲載しました項目は70症例にものぼり、また病気や症状に係わるコラムは25症例掲載させていただきました。
 掲載させていただきました多くは当院ホームページにも転載していますので、気になる症例などがありましたら当院ホームページをご確認ください。
 発行した当初は受付の「玲子さん」が妊娠中で、赤ちゃんが生まれてからは「子育て日記」として長男が小学校を卒業するまでの12年間掲載させていただきました。
 また、受付の「よしこさん」の担当コーナー「元気してますか?」も好評でした。
 趣味の手芸の話、旅行や園芸な話など、記事を読んだ方と話が盛り上がり、治療時間よりも長くお話をされて帰る方もいたほどでした~。
 今でもたまに読み返し、個人としても良い思い出になっています。
 今月号で清洲鍼灸治療院の院内新聞も200号を迎えるに当たり、今まで「健康ニュース」とタイトルをつけていましたが、「清流」と改めさせていただきます。
 「清流」の「清」は、清須市の「清」でもあり、「清らかな肉体と精神」、「副作用のない清らかな治療法」、そして「患者さんの清らかな生活」を支えられるよう、「流」は当院の特徴である「血液の流を良くする治療法」であり、絶え間なく流れ続きますようにという思いを込めました。
 これからも「清流」の様にすがやかに、さわやかにサポートさせていただきたいと思います。




清須市の鍼灸院で働く若先生より

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 清洲鍼灸治療院 | 記事URL

2018年5月12日 土曜日

「人体ー神秘への挑戦ー」を見て来ました〜。

今日は国立科学博物館で「人体ー神秘への挑戦ー」を見て来ました〜。
kahaku01.jpg

10年くらい前にも同じような企画で展示がありましたが科学、医学の世界では10年の月日はだいぶ前なんでしょうね〜!


猛烈なスピードで医学は進歩しています〜


不老不死の薬ができるのももうすぐですよ〜^_^;



清須市の鍼灸院で働く若先生より
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 清洲鍼灸治療院 | 記事URL

2018年5月10日 木曜日

肩こりとは何か?!

◆「肩こり」とは何か? ◇国民病?  厚生労働省の『国民生活基礎調査(平成22年)』によると、私たちが日常生活で自覚している症状のなかで、肩こりは女性では1位、男性では2位になっているほどです。  《男性》1位:腰痛  2位:肩こり 3位:鼻炎  4位:咳や痰 5位:関節痛  《女性》1位:肩こり 2位:腰痛  3位:関節痛 4位:鼻炎  5位:だるさ  「肩こり」については色々な情報があふれ、何が真実で、何が間違っているのか見分けが付かないのが実情です。そういった背景には「肩こり」ほど千差万別で、人によって状況が異なり、また、人によって感じ方が違うからではないでしょうか? ◇肩こりの原因はなに?  テレビや雑誌でも「肩こり」を取り上げられているのをよく見かけます。その多くの説明は、「同じ姿勢によるデスクワーク」、「目の疲れから」、「体が硬い」、「冷え症」、「運動不足」、「寝方が悪い」、「まくらが悪い」などなど...! そして最終的には「何らかのストレスによる...」とか、「自律神経の乱れによる...」等と、なんとなく分かった様な分からない様な内容で、「なるほど!」と思えるものはありません。 ◇原因は・・・!  肩こりの原因については、多くの方は薄々気づいているのですが、はっきりと書いたものは見た事がありません。  では肩こりの原因は何か?  「同じ姿勢によるデスクワーク」をしているから?  では、想像してみて下さい...  業績がうなぎ上りの時は肩こりを感じるでしょうか?  少なくても今よりは感じません。  そして、何時間ディスプレイを見ても目も疲れません。  「体が硬いから?」  体の柔らかいバレリーナだって肩はこります。  「冷え症だから?」  冷え症の方でも肩が凝らない人はいます。  「運動不足?」  普段から運動をしているアスリートだって肩はこります。  「寝方が悪いから?」  寝方が悪いと言っても気を付けようがありません!  「まくらが悪いから?」  その枕で寝れた時だってあるはずです。    例えば、大好きなゲームをしている時は「同じ姿勢によるデスクワーク」と環境は変わりありませんが、肩はこりません。夢中になってやっている時は、何時間ディスプレイを見ても目は疲れません。  反対に、「嫌いな作業」、「やりたくない作業」を同じパソコン、同じ姿勢でやってみたとします。姿勢や動作が同じでも、やはり作業の方が肩がこります。まして、「嫌いな上司に見られている」、「業績が落ちている」等の環境になると数分で肩が凝ります。  この様に、肩こりの原因については諸説ありますが、全てに共通して言える事は「こころ」です。 ◇〇〇していますか?  「それを言っちゃ~おしめ~よ~」と言われそうですが、漢方医学的に25年間「肩こり」と向き合ってきた経験では、「肩こり」の原因の多くは「こころ」となります。  しかし、大切なのは「こころ」と「ストレス」はイコールでは無いと言う事です。  実際に、肩こりを訴えて治療に見える方でも、「仕事は楽しい!」「家事は好きです!」「やりがい持ってやっている!」と言う方もたくさんみえます。中には「ストレスと感じた事は有りません」と言う方もいます。  大切なのはこころの状態なのです。  簡単にいえば、「ワクワクしているかどうか!」なのです。  「仕事は楽しい!」「家事は好きです!」「やりがい持ってやっている!」と言う方はきっと「ワクワク」して仕事、家事をこなしているのでしょう。  それでも、肩こりを感じると言う場合は「ワクワク」以外の「責任感」「向上心」「プレッシャー」が少しだけ「ワクワク」を上回っているのでしょう。  (もちろん、寝る時間がないほど忙しいと言う方は別ですが...)  業績が右肩上がりで、才能を認められ、順風満帆に仕事をしていても、やはり、走り続けるのは疲れるものです。  いつかその状態に慣れ、マンネリ化もします。  向上心の有る方はさらに上を目指そうとするでしょうし、現状維持のために努力をし続ける方もいるでしょう。  「家事は楽しい」、「子育ては楽しい」と、やりがいを持ってやっている時期は有っても、時間が経つとその状態に慣れ、いつか環境が変わり自問自答の日が来る事でしょう。  そこで大切になってくるのがこの「ワクワク」ではないでしょうか?  反対に「ワクワク」が一切ない環境では、肩こりはおろか、肉体的にも精神的にも不健康になる一方です。 ◇こころの健康は体の健康から  ワクワクが勝っている時はどんなに働いても、どんな逆境でも楽しく乗り越えられるでしょう。  問題はこのワクワクをいかにキープするかです。  そして、ワクワクして生活を送るには健康でないとワクワクできません。  会社の問題、家庭の問題は我々ではどうしようもありません。  我々がお手伝いできるのは、体を健康に保つ事です。  人間のこころは素直なもので、ちょっとした体調不良でも喜怒哀楽に偏ってしまいます。  「昨日寝れなかった」「風邪気味」と言った、ちょっとした体調不良でさえ、楽しく生活することができなくなります。  まして、肩こりが増し、疲れが溜まった状態ではワクワクできなくなってきます。  疲れてヘトヘトな時に「ばかやろ~」と言われるのと、よく寝ておいしいものを食べた後に「ばかやろ~」と言われるのでは、どちらがこたえるでしょうか?  ワクワクするには、ワクワクできる体調づくりが大切になってくるのです。  肩こりを訴えてみえる方は、ある程度パターンがあります。「パソコン作業が続くと...」「夜寝れなかった時は...」「週末になると...」といったパターンがある方は、その前後に肩こりを治療し、ワクワクできる状態をキープできると良いですね~。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 清洲鍼灸治療院 | 記事URL

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
qrcode

新着情報

一覧を見る

2018/07/17

臨時休診のお知らせ
7/18(水)は所用のため西田中院のみ休診させていただきます。

【7月の休診日】
1日・8日・15日
16日・22日・29日

水曜日・土曜日の午後
は休診です。

よろしくお願いします。

アクセス(西田中院)TEL:052-401-1089住所:愛知県清須市西田中本城131

診療時間
平日
午前 9:00-12:00/午後 3:00-8:00

アクセス(新清洲院)TEL:052-400-6225住所:愛知県清須市新清洲6-5-3

診療時間
平日
午前 9:00-12:00/午後 3:00-8:00

  • RSS配信
  • RSSヘルプ