若先生のブログ

2019年1月13日 日曜日

リフォーム中ご迷惑をおかけします。

本格的にリフォームが始まりました。

この連休で壁紙が変わる予定です。


全て終了するのは2月初旬までです。

駐車場など患者様には大変ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

駐車場等でお困りの場合はスタッフまでお問い合わせください。



清須市の鍼灸院で働く若先生より
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 清洲鍼灸治療院 | 記事URL

2019年1月 8日 火曜日

「鍼灸」がWHO(世界保健機構)で医療として認可へ

☆「代替医療」から「医療」へ
 2018春に行われたWHO(世界保健機構)の会議で、鍼灸治療を含む中国伝統医術が正式に「医療」として認められるはこびとなりました。
 それまで鍼灸は西洋医学の補助的医療として「代替医療」という位置づけで、ヨガ、アーユルベーダ、気功、アロマテラピー、カイロプラクティックなど、各種〇〇療法と言われるものと同様、西洋医学を補完する医療という位置づけでした。
  しかし、この春、「漢方医学」と言われる「漢方薬」と「鍼灸」が正式に「医療」として認められることとなりました。
 今までWHOでは、ヨーロッパを中心とした医療、生理学や解剖学と言った理論の裏付けができる医療という観点から、西洋医学のみを「医療」と認めてきましたが、アジアやアフリカなどを含めた情報格差のない統計を出すこと、また近年、「気」という曖昧な概念でしか説明できなかった漢方医学を科学的に説明する論文が増えたことを踏まえ、「漢方医学」も西洋医学に並ぶ「医療」である認識になってきました。
 しかし、正式に「医療」として認められるためには国際的に統一した基準で定められた疾病分類である「国際疾病分類」(ICD)に、実際に行われている医療の報告を行わなければいけないなど、課題は多岐にわたっています。
 「国際疾病分類」(ICD)とは1900(明治33)年に初めて国際会議で承認され、約10年ごとに改訂され現在は全22章から成る医療の世界基準です。
 今後、多くの治験例報告が集まれば、「漢方医学」が新しい章として加わる予定です。
 WHOに公式に認められれば、世界規模で漢方医学のさらなる研究が進み、鍼灸や漢方薬の有効性が細分化され、医師、薬剤師、鍼灸師から患者さんへ医療技術は大きく還元されると思われます。



清須市の鍼灸院で働く若先生より
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 清洲鍼灸治療院 | 記事URL

カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ

qrcode

新着情報

一覧を見る

2019/07/01

7月の休診日
7日・14日・15日
21日・28日

水曜日・土曜日の午後は休診です。

アクセス(西田中院)TEL:052-401-1089住所:愛知県清須市西田中本城131

診療時間
平日
午前 9:00-12:00/午後 3:00-8:00

アクセス(新清洲院)TEL:052-400-6225住所:愛知県清須市新清洲6-5-3

診療時間
平日
午前 9:00-12:00/午後 3:00-8:00

  • RSS配信
  • RSSヘルプ