適応症について

カゼから来るのどの痛み

痛くなるのは喉頭・咽頭・扁桃
 喉頭とは、咽頭と気管の狭間にある器官であり、甲状軟骨に囲まれた円筒状の部分を指します。体表からは、のど仏として触れることができ、物を飲み込む時には上方に移動します。物を飲み込む時、食物が気管や肺への流入(誤飲)することを防止し、発声などの機能を持ちます。物を飲み込む時には、喉頭蓋というふたが後方に倒れ込み、声門が閉鎖することにより、気管に食物が入り込む事を阻止します。

 咽頭とは鼻腔および口腔と食道および喉頭との間にある嚢状の管をいいます。 後鼻孔および軟口蓋から始まり食道に連なり、消化器系と呼吸器の性格を併せ持ちます。

 扁桃にはリンパ組織が密集しており、その外観はクルミのように表面がでこぼこした隆起です。扁桃は、のどの入り口を取り囲むように存在しており、場所によって、咽頭扁桃,口蓋扁桃,舌扁桃などの名前がついています。扁桃は、外界から侵入する微生物などに反応して生体防御と免疫に関係しています。扁桃のうち最も大きいものが、口を開けるとのどの左右にみえる口蓋扁桃です。普通、口を開けて「扁桃が腫れている」と言っているのは口蓋扁桃のことです。風邪などを契機として急激に発熱、咽頭痛などが生じるものが急性扁桃炎で、微熱や倦怠感が持続し、扁桃炎を反復するものが慢性扁桃炎です。

  舌扁桃は舌のつけ根にあって、ここが腫れると、痛みよりものどがつまる感じや、何かがのどにできているような感じがします。風邪の後に、よくこういった症状をきたします。

 咽頭扁桃は、口を開けただけでは見えません。咽頭扁桃は鼻のつきあたり、つまり鼻とのどの境目にあります。ここが腫れると鼻がつまったり、耳と鼻とをつなぐ耳管がつまって、中耳炎を起こしやすくなります。咽頭扁桃が常に大きい状態、つまり肥大した状態をアデノイドといいます。


漢方医学での考え方
  漢方医学では、カゼは体表から入ると考えられています。先ず人体が寒さにさらされると体表面が冷えるようになります。体表が冷えると、普通人体はその冷えを追い出すため、新陳代謝を活発にして、体温を作り出します。しかし、疲れや寝不足などで体力の低下があると新陳代謝を活発に出来ず、体表の温度を上手く上げる事が出来なくなります。体幹部が冷えて、背中がゾクゾクするようになると、もう既にカゼが体の中に入り込んでいます。文字通り「カゼを(体に)引いた」と言う状態となり、喉頭⇒咽頭⇒扁桃と、順番にのどの痛みを発症させます。

のどの痛む場所と治療法
①喉頭...漢方医学では経絡、経穴(ツボ)を主体に考えますが、中でも、背中の中心にあるツボの「大椎」は、全ての陽気(体を温める気)の交わる所であり、ここを触って冷たい時は、既にカゼを引いてもおかしくない状態だといえます。そして、この大椎が冷たくなり始めると、大椎の反対側に当たる、のど仏の部分(喉頭)が、イガイガし始めます。この時、肩や背中のコリはいつもより強くなり、ドーンと重たい状態になります。これは肩や背中が冷えにより、筋肉も強張るために起こります。この状態ではカゼはまだ体内には入っておらず、肩、背中を温めて安静にし、ショウガ、ねぎ、葛、唐辛子などの入った温かい飲み物を飲み、一度発汗すると治ります。もちろん発汗した後はすぐにシャツを着替える事をお忘れなく。ハリ治療でも同様に、体を温めるツボを使い、尚且つ体力を回復させ、カゼの入り込まない体に戻すように治療します。また、喉頭のイガイガするときに特別効果のあるツボにお灸をします。

②咽頭...更にゾクゾクした状態が続き、風門まで冷えが及ぶと、今度は何時までも湿ったままで、乾かない汗をかくようになります。乾かない汗を掻いていますので、少しの寒さにも敏感になり、ますます体は冷えていきます。ツボの名前の通り「カゼの門」と言うツボから冷えが入り込み、くしゃみを連発するようになり、やがて、のどと鼻の境目に当たる咽頭が痛むようになります。咽頭は呼吸器と消化器につながりがあり、咳や食欲不振、味が分からないなどの症状も出始めます。ハリ治療では先ず乾かない汗を止めるように治療します。背中の汗が乾くと咽喉の痛みも治まります。そして最後にお灸で背中を温めます。

③扁桃...更に冷えが体の奥に入り込むと、体は入ってきた冷えを追い出そうとするため、発熱するようになります。発熱があると、その熱が呼吸器、消化器を通じて扁桃に溜まるため、扁桃が赤く腫れます。扁桃が痛む様になると、咳き込み、鼻詰り、関節痛、頭痛、食欲不振、吐き気など本格的なカゼ症状も現れます。ハリ治療では先ず、熱がこれ以上、体の奥深くに入り込まないように、体力をつけるツボにハリをします。その後、扁桃に溜まった熱を指先のツボを使いぬいていきます。症状によっては即座に解熱します。

 カゼなどの急性症は早めの手当が一番効果的です。



このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 清洲鍼灸治療院

qrcode

新着情報

一覧を見る

2018/11/01

【11月の休診日】
3日・4日・11日
18日・23日・25日

水曜日・土曜日の午後は休診です。

よろしくお願いします。

アクセス(西田中院)TEL:052-401-1089住所:愛知県清須市西田中本城131

診療時間
平日
午前 9:00-12:00/午後 3:00-8:00

アクセス(新清洲院)TEL:052-400-6225住所:愛知県清須市新清洲6-5-3

診療時間
平日
午前 9:00-12:00/午後 3:00-8:00

  • RSS配信
  • RSSヘルプ