適応症について

流産・不育症と鍼灸治療

 やっと身ごもった赤ちゃんをなくしてしまうというのはどなたにとっても耐え難い経験の一つです。今回は、流産に加え、流産が複数回起きてしまう不育症(習慣流産・反復流産と同意語)に鍼灸治療がどのようにかかわれるかを考えてみました。

少なくはない流産
 流産とは「胎児が胎外で生存不可能な時期の分娩」と定義されています。細かく言うと、妊娠22週未満の分娩をいい、22週以降の死亡胎児の出産は「死産」と定義されています。流産のうち、多くの流産は、前半の妊娠12週までに起こり「初期流産」といわれます。初期流産では、精子と受精した受精卵が胎児になる前の状態の胎芽(たいが)と言われるものが認められないか、認められても生存していない状態なので、正常な妊娠へと向かわせる治療法はなく、妊娠は継続できません。
 また、流産はまれなものではなく、妊娠がわかった人の10〜20%ほどでみられます。つまり、10人妊娠したら1~2人は流産するということです。
 この流産(早産、死産を含む)をくりかえすかたもあります。 2回以上の連続した流産は不育症(または反復流産)と言い、3回以上の連続した流産は習慣流産と呼ばれます。


原因は何?
 流産を経験した多くの方は「忙しく動き回っていたせいかな?」とか、「家庭内のストレスのせいかな?」、「遺伝的に何か異常があるのかも?」など自分の生活や体に原因があるのではと、少なからず自分を責めたりもします。しかし、正常に子宮に根を下ろしている受精卵なら少々の外傷性ショックや精神的なショックでは生き残るものです。
☆原因の多くを占める染色体異常
 流産の原因の65〜70%は、受精卵の染色体に異常があるためと言われています。そのため正常に発育せず流産するのです。染色体とは遺伝子を担うDNAのことです。正常な受精卵から育った胚は23対の染色体をもっています。その数に異常があると受精卵が子宮に着床し、胎盤を作る過程で母体が妊娠を拒否し、流産が起こります。(この仕組みはいまだに解明されていないそうです。まさに神の領域です。)たとえ、自然淘汰の奇跡をかいくぐって生まれてきたとしても、どこかに奇形のある赤ちゃんになるのです。つまり、流産は起こるべくして起こっているのです。ただ、その喪失感は計り知れないほどあります。しかし、多くの早期流産は生まれつき重大な障害を持つ子を産まないようにと、母体がコントロールしているのです。
☆その他の原因
①子宮の異常
 子宮奇形、子宮筋腫、頚管無力症、子宮腔癒着症などがあり、筋腫以外はほとんど生まれつきのものが多く、生きていくうえでは何の問題のないものがほとんどです。割合としては、反復流産の女性4500人を検査したところ12.6%という事で、一般の方に換算すると相当少ないと言えます。
②内分泌異常
 高プロラクチン血症、甲状腺機能異常、糖尿病等があげられます。内分泌の異常はホルモンの異常が多く、ほとんどは薬で対処できます。
③免疫異常
    抗リン脂質抗体症候群、自己免疫疾患、同種免疫異常等があげられます。抗リン脂質抗体症候群については「血液ネバネバ」で最近話題になりますが、妊娠中期から後期の流、早産の原因にもなり、その要因として胎盤に梗塞が起きるためと考えられています。
④夫婦染色体異常
 染色体異常については治す治療法はありません。ただ、現在の医学では、染色体を調べることによってどのくらい流産する確率があるかを調べられます。付け加えますと、染色体異常があるからと言って健康な赤ちゃんが授からないという事では決してありません。


漢方はり治療が出来る事
 流産しないために漢方はり治療が出来ることは「体調管理」に他なりません。治療することによって調子の良い日を増やすことで流産の確率を減らします。鍼灸治療は妊娠を希望した時からが有効です。早期流産の原因となる染色体異常は、母体の年齢が高いほど頻度が増します。健常な女性でも20代で10〜20%、30代で20〜30%、40代では30%以上といわれています。体外受精を行う時に卵を取り出しますが、その時、漢方はり治療を行った後では、良い卵が取れるようになる確率は増えます。つまり治療をすることで、体調を良くし、実年齢より少しでも若返られることにより、良い卵を排卵し、少しでも流産の原因となるものを減らすお手伝いをするのです。また、妊娠中期以降は、疲れるとおなかが張ることがあります。これは体調不良から子宮が下がることにより起こります。つまり内臓が下垂し、早産の危険があるのです。こういった時も鍼灸治療は有効です。何よりも、一つずつの問題を軽減することにより、妊婦さんの安心にもつながります。

若先生


 


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 清洲鍼灸治療院

qrcode

新着情報

一覧を見る

2018/04/01

【4月の休診日】
1日・8日・15日
22日・29日・30日

水曜日・土曜日の午後

ゴールデンウィークは
カレンダー通りです。

よろしくお願いします。

アクセス(西田中院)TEL:052-401-1089住所:愛知県清須市西田中本城131

診療時間
平日
午前 9:00-12:00/午後 3:00-8:00

アクセス(新清洲院)TEL:052-400-6225住所:愛知県清須市新清洲6-5-3

診療時間
平日
午前 9:00-12:00/午後 3:00-8:00

  • RSS配信
  • RSSヘルプ