HOME > 婦人科疾患 > 生理痛

生理痛

生理痛

「月経痛」と言ったり「生理痛」と言ったりしますが、一言に生理痛といっても症状は様々です。生理になると下腹部が痛くなる人、腰が痛くなる人、頭が痛くなる人、また、生理前になると、「イライラする」「不安感がある」など、精神的な症状を訴える人もいます。こういった症状には、鍼灸で症状が緩和するものが多くあります。また、生理痛の程度のひどいものや、不正出血を伴うものは、一度は婦人科を受診する事をお勧めします。

漢方はり治療での分類

婦人科疾患・生理痛のイメージ

 漢方はり治療では症状を「冷」と「熱」の二つに大きく分類して考えます。
☆冷えタイプ
 まず、下腹や、腰が痛くなる生理痛の多くは冷えと関係しています。人体の中で暖かいものは「血」だけです。血が内臓や手足末端まで多く巡る事により体は温められるのです。しかし、女性は、月に一度生理がありますので、男性に比べ血が不足しがちになり、そのため、冷え症を訴える方は断然女性の方が多くなります。しかし、体力に自信のある方の中には、冷えを自覚していない場合もあります。
 女性は、骨盤内が冷えると、生理は遅れがちで、月経血は薄くサラサラとなり、生理期間は一週間くらい長く続きます。あまりに大量出血のときは頭がズキズキと痛みます。ただでさえ貧血気味の方ではなおさらです。これは全て冷えによる症状です。冷えによる血行不良もありますし、血行が不足すると冷えやすくなります。生理前になると子宮に血液が多く集まります。この時子宮に血液が集められると、他の臓器が貧血になるので、「月経前緊張症」や「月経困難症」などの病名が付けられます。冷えタイプの多くは生理中に下痢します。冬や、過度の冷房により悪化し、お風呂などで暖まると痛みはある程度和らぎます。
☆熱タイプ
 「熱」のタイプの人は腹痛や腰痛もあるのですが、特徴的なのは生理前になると、イライラしたり、ヒステリックになってしまうことです。熱の量が多い方は、普段から冷えに強く、カゼなどはあまり引きません。熱の量が少ない方は、のぼせと冷えが交互に来ます。つまり、ある程度熱がこもると発汗するのですが、発汗すると今度は冷えてしまいます。熱タイプの多くは生理前に便秘して生理中は快便になります。これは月経血が抜けることによって骨盤内の熱も抜けるためです。体の芯に熱があると生理は予定より早く来て、月経血は少なくて濃くなり、時には血の塊が混じります。これは、体質的に熱がりの人や、カゼなどで発熱しているときに生理になると子宮に熱が入り、子宮内の血液がうまく流れず、このような状態になります。生理と発熱が重なった時からある生理痛は「ある日突然生理痛があるようになった」という状態になります。

治療

治療まず脈をみながらの問診から始まります。患者さんの現している症状を大きく「冷え」か「熱」かに分け、その冷えや熱は、どこか
ら始まり、どこに、どのようにあるかを探し出し、この「冷え」や「熱」を改善するようなつぼに鍼をします。血液そのものが足りない人には血を増やすツボに鍼をします。血の流れが悪い人には血の流れをよくするツボに鍼をします。
 鍼は経絡の気の流れを調節するだけなので、決して痛くはありません。最後に婦人科疾患には著効があるとする「三陰交」というつぼにお灸をします。このお灸は少し熱さを感じますが心地良い程度の熱さで、やけどなどは一切残りません。


                                                             若先生

【関連記事】
不妊症人工授精・体外受精流産・不育症月経異常男性不妊体を温めて妊娠率UPつわり生理に関するQ&A

患者さんの声:1

qrcode

新着情報

一覧を見る

2018/06/01

【6月の休診日】
3日・10日・17日・24日

水曜日・土曜日の午後
は休診です。

よろしくお願いします。

アクセス(西田中院)TEL:052-401-1089住所:愛知県清須市西田中本城131

診療時間
平日
午前 9:00-12:00/午後 3:00-8:00

アクセス(新清洲院)TEL:052-400-6225住所:愛知県清須市新清洲6-5-3

診療時間
平日
午前 9:00-12:00/午後 3:00-8:00

  • RSS配信
  • RSSヘルプ